オンライン展示会をプラットフォーム比較するときの注意点とは?

このサイトでは、オンライン展示会のプラットフォームの比較するときに欠かせない重要なポイントを紹介してます。
機能性・視聴環境・料金・専用アプリの有無、行ったときの費用についてややりたいことが実現できるかなどです。
また、主な特徴と強みも説明してます。
インターネットを使い自社のサービスや商品をアピール出来て、これまでの商談のように直接顔を合わせて会話をせずに、動画やセミナー配信・資料・チャットなどで営業を進めていけます。

オンライン展示会のプラットフォームの比較をするうえで重要なポイントをご紹介

オンライン展示会のプラットフォームの比較をするうえで重要なポイントをご紹介 オンライン展示会をするときのプラットフォームの比較ですが、これには機能・料金などがあります。
オンライン展示会の一番の魅力は新規顧客開拓に繋がることで、これまでの展示会だと出会えなかった遠方や海外に住む顧客とも繋がる可能性があります。
顧客開拓が目標ならたくさんの企業が終結しているプラットフォームを選ぶのがおすすめです。
自社だけで開催するオンライン展示会だと既存顧客との関係性は深まりますが、新規の顧客開拓には期待が出来ません。
その理由に集まるのは既に製品や自社の認知をしている人だけが訪問するためです。
合同なら自社に興味がない人たちもたくさん集まり、新たな顧客を得やすくなり横のネットワーク構築も出来てたくさんの来場者も集まるため基本的にはたくさんの企業が集合する展示会に出展したほうがいいです。

オンライン展示会プラットフォームを利用する前に内容を確認しておこう

オンライン展示会プラットフォームを利用する前に内容を確認しておこう オンライン展示会プラットフォームの利用を検討しているのであれば、あらかじめ内容を確認しておくことが大切だと言えます。
選ぶサービスごとで利用できる機能は大きく違っているので、適当に選んでしまうと想像していたオンライン展示会にすることができなかったという状況に陥る可能性が高いです。
料金や視聴環境、専用ダウンロードアプリが必要かどうか、名刺交換や商談機能は利用できるかなど、あらゆる情報をチェックしておくことが大切だと言えます。
特徴や雰囲気を確認しておくことも大切であり、参加者がただウェブサイトに表示された写真やURLをクリックして情報を確認するような展示会もあれば、実際に会場内を歩いているような感覚でサービスや商品の確認ができるケースもあることを知っておくべきです。
2Dなのか3DCGに対応しているのか、音声による会話機能が備わっているのかどうかなども確認しておくと、より理想的なサービスを利用することができるようになるでしょう。
オンライン展示会のプラットフォームは非常に便利だと言えますが、利用するサービスごとに内容は大きく違うので、ミスマッチを引き起こさないためにも事前に詳しい内容を確認しておくことが大切です。

360度から自由に閲覧できるオンライン展示会

遠方に暮らしている人でもインターネットサイトで閲覧可能なオンライン展示会は、非常に便利で役立つサービスに富んでいます。移動にかかる時間や交通費を節約できますので、多くの利用者から喜ばれているのです。360度自分が見たい角度のどこからでも閲覧することが可能です。また、オンライン展示会では、混雑を避けてゆったりとリラックスした状態で満喫できます。
さらに、優れた専門スキルを身に付けたスタッフがわかりやすく丁寧に説明をしています。そのため、初めてオンライン展示会に参加する人でも安心して閲覧することにつながっているのです。インターネットに接続できる環境さえあれば誰でも気軽に参加できる内容は、アフターフォローも万全といえます。質問なども受け付けていて、相談や質問をしやすいアットホームな雰囲気も選ばれている理由の一つです。このように、自宅や外出先にいながら手軽に楽しめるオンライン展示会は、現代にぴったりのサービスといえます。

パソコンでオンライン展示会をのぞいてみましょう

コロナでいろいろなところが影響を受けている昨今、学会や研修会などもほとんどがオンラインになってきました。オンラインは時間やお金がかからずに済みますので非常に便利にはなっています。
自分の部屋でパソコンやスマートフォンを使って参加できますから便利ではあります。パソコンを使ってのオンライン展示会はマイクを使ってやり取りが容易にできますからいいのです。スマートフォンではできない細かいことができるのです。画像が大きくて見やすいといったメリットもあります。オンライン展示会が増えてきている中で画像を拡大できたり、録画ができたりもしますから、後で見返すことができます。画素数がいいですし、録画機能が充実していますから今やオンライン展示会がいいという人の方がかなり増えてきました。今後もいろいろなところオンラインが増えてくるでしょう。臨場感はないにしても、知識や理解を得る勉強の場として大いに利用できるところでもあります。

オンライン展示会におけるネット環境について

今やコロナの影響もあり、ほとんどがオンラインになっていることが増えてきました。
オンラインは時間を要することができないため、時間を有効活用できる観点から、人気が出てきています。勉強や学会などオンラインでほとんどが済みますから便利ではあります。オンライン展示会も例外ではなく、いろいろな催しものをオンラインで行うオンライン展示会も経費があまりかからない大きなメリットがあるのです。ただしネット環境を万全にしておく必要性があります。まずはウイルスが侵入できないように、ウイルス対策を行っておくことです。以上のようなことを完璧におこなっていれば問題ないようです。ネット環境にもう一つ必要なことは画質のことです。画質が落ちていれば、見るべきものがしっかり見えなかったり、見にくいといったことに発展していきます。また周りの環境も影響が大きく、周辺が喧しいと聞き取りにくいといったことがあり、精神的もつらいです。ですから周辺の環境も大切なのです。

スマートフォンでも閲覧できるオンライン展示会

展示会は基本的に来場する必要があり、時間帯や場所が遠いなどで参加できないというケースが多く、そのため昨今オンライン展示会が主流となりつつあります。
なかでもスマートフォンでもオンライン展示会を閲覧し参加することが可能なものが多くなってきており、所有しているスマートフォンから指定の時間帯でオンラインでつながれば誰でも簡単に展示会に入場できるようになりました。このオンライン展示会のメリットは、場所の指定が無く自宅でも気軽に参加できるという点をはじめとして、バーチャル空間で行われるため基本的に来場者数の制限というのが設けられていません。そのため展示会参加においてチケットや前もって席を確保しておく必要がなく、インターネットがつながる環境であればほぼ確実に参加できることもメリットのひとつと言えるでしょう。また、実際の展示会では声に出して意見や質問しにくいこともありまるが、オンライン展示会ではコメントを打つことで気軽に意見表明などができるのもポイントです。

オンライン展示会による予約についてのいろいろ

コロナの影響で、オンラインを行っているところが増えてきています。
今やパソコンやスマートフォンを持っている方がほとんどですから、オンラインの方が時間もお金もかからずにすみ、効率的であります。展示会も例外ではないです。いろいろな場所で展示会に足を運んでいきたいがコロナでできないとなると、オンライン展示会となっています。臨場感がなくてモチベーションアップにつながらないこともあるかと思いますが、その気になれば知識や考えを修得できますから時間を省くことを考えるとオンライン展示会の方がメリットあります。そのため予約をする必要があります。不特定多数の人が参加してしまうといろいろな問題がありますから、有料無料に関係なく、予約をして参加するというかたちです。展示会に限らず、学会や研修会などがそのようになっています。時間を省けて効率よくおこなっていくのがオンラインの大きなメリットなのです。オンラインで有効活用しながら自己研鑽を行いましょう。

オンライン展示会のデメリットも確認することが有益

展示会に出品する目的には、自社開発の新商品やサービスをリーチを想定しているクライアント候補先に周知させることがあります。
展示会は特定の会場でまとまった人員が一同に介するだけに、新型コロナ感染症を契機に感染対策が難しく中止される事態が頻発していました。
同様の目的を達成する趣旨で開催されることになったのが、オンライン展示会です。オンライン展示会ではインターネット経由で新商品やサービスを公開するだけに、端末さえ確保されればどこからでも誰でもアクセスできるというメリットを発揮します。
反面リアルに開催されないことに伴うデメリットが存在することも、オンライン展示会を利用するに際しては注意するべきポイントともいえます。
オンライン展示会では実際に現物を確認したり、サービス内容を体感するなどの接触経験をもつことが出来ないため、訴求するインパクトが弱くなってしまう傾向があります。リアル体験が難しいところを別の方法で代替する姿勢が求められます。

トラブルが生じないようにオンライン展示会を開催する2つのポイント

オンライン展示会を開催する場合には、トラブルがなくスムーズに業務を行えるように以下の2つのポイントが重要になります。
まず、オンライン展示会に参加できる会社の状況をきちんと把握しておくという点です。インターネットに接続をして参加してもらうことになるため、そのための空間をきちんと準備しておかなくてはいけません。
仮想空間とはいえ、展示スペースが存在しないと参加している会社が自社の商品やサービスを展開することができなくなるからです。
そのため、まずは参加する会社がどういったコンセプトを持っているかを把握してそのための準備を整えておく必要があります。
そして、実際にオンライン展示会を行う場合にはネットワーク環境が安定しているかを確認することも重要です。当然ですが、サーバーが不安定だったり通信回線に遅延が生じると参加するメンバーの認識に齟齬が生じます。ですから、最低限の環境構築としてサーバーやそれに伴うシステムは万全にしておくことです。

オンライン展示会に参加するとコストを抑えることができる

オンライン展示会に参加すると、一般的な展示会に出展する時の費用と比較すると、各段に経費を抑えることができます。オンライン展示会を見に来られてる方の集計がしやすいので、時間で分析することができます。
現在はデジタル社会となってますので、パソコンをお持ちの社会人も多くいることから、仕事の合間にオンライン展示会を見ることができるので参加される方には、仕事中に足を運ぶことがないことから大変メリットがあります。
出展されている会社への反響も多いことからオンライン展示会は理にかなってます。 社会人以外にパソコンをお持ちでネット環境がある方は見ることができるようになります。
身体が不自由の方やお年寄りの方には、パソコン上で見ることができるので、今後のデジタル社会においては必要不可欠なものとなります。
出展されているブースを選べば、そこの会社の商品を紹介されます。 オンラインの展示会は、実際には存在しないネット上だけで運営してる展示会です。

オンライン展示会は最新の製品を手軽に訴求できる

オンライン展示会は、最新製品を手軽に訴求することを可能にします。昼夜問わずに、24時間に亘っての商品案内を行なうことが出来るのです。
立ち上げ当初のベンチャー企業だったり、売上が低迷している中小事業者であったりする際には、オンライン展示会は、有効な販促手段になるでしょう。
展示会に出展する際には、ブースに拘ることが欠かせません。三次元映像を駆使したり、人気キャラクターでアイコンを作成したりといった風に、他社との差別化を図っていく必要があるのです。
オンライン展示会への出展をサポートする事業者では、事前に受けられる無料カウンセリングが開催されています。ブースへの出展方法についてを、過去の事例を元に案内するのです。大規模なオンライン展示会の場合には、大手企業が参加することも珍しくありません。最新技術を用いた製品を案内する場合には、適した場となるでしょう。
出展する際には、売上に結び付けられる仕組みを備えておくことも大切です。チャットボットなどの接客機能を使い、受注に結びつく仕組みを備えることを心がけましょう。

普及しつつあるオンライン展示会に見られる可能性

社会を取り巻く様々な環境が大きく変化したことで、展示会も従来のものとは様変わりしつつあります。代わって台頭してきたのがオンライン展示会です。
インターネットを通じて開催するこのイベントは、優れた可能性を持っていることから注目されています。これから一気に普及することも考えられるので、今のうちからオンライン展示会を早めに導入しておくのも良いでしょう。
オンライン展示会の可能性として最も大きなものが、集客数を大幅に上げることができる点にあります。これまでの展示会では会場に来場したお客様にしかアピールすることができませんでした。開催地やその数も限られているだけに、どうしても一部のお客様にしか宣伝することができなかったのです。
ところがオンライン展示会ならば、インターネットを通してアクセスすることができます。つまり現在のようにパソコンやスマートフォンが人々に普及している条件下では、従来の展示会よりも多くの人たちにアピールできることになります。展示会の効果を一気に上げてくれることが期待できるのです。

オンライン展示会はグローバル展開できるメリットを活かす

オンライン展示会は、インターネット経由の画面越しに参加する仕組みですが、グローバル展開できるメリットを活かすべきではないでしょうか。
対面よりも伝えられる情報や魅力が限られるイメージですが、代わりに海外の人にも届けやすいメリットがあります。
オンライン展示会は仮想空間のスペースで様々な展示物を紹介する仕組みです。
スペースに物理的な制約がありませんから、アイデア次第で活用の幅が広がります。
英語やその他の言語のコンテンツを用意する必要はあるものの、国境を越えてグローバルに情報発信できるのは大きな強みです。
オフラインのリアル展示会だと参加が難しい人たちにも、オンライン展示会なら参加できる可能性があります。
多言語コミュニケーションができる仕組みを用意しておけば、質問に答えたり具体的な商談に発展させたりできます。
オンライン展示会は情報を発信することに力を注ぎ、更に次の段階に繋げる工夫をすることが成功のカギを握るのではないでしょうか。

オンライン展示会は不特定多数の出会いの場として利用されている

オンライン展示会はwebを活用してバーチャルな空間で行うオンライン上の展示会のことで、大きな会場を借りる必要がないので費用を抑えることができる上に参加者も会場まで橋を運ばなくて良いのでメリットが沢山あります。
実際の会場ではなくオンライン上で自社の商品やサービスなどを紹介して講演会の模様を配信することができるので大変便利ですし、オンラインで商談を行うこともできるので営業の場がどんどん増え良いことがとても多いです。
新たな出会いも生まれ不特定多数の人とオンラインを通して話をすることができますし、チャットでコミュニケーションをすることも可能なので良い点が沢山あります。
参加者は時間や場所に縛られることもないので空いた時間に自由に参加することができますし、天候などにも左右されることもなくハプニングに見舞わずにスムーズに事を進めることができます。
このようにオンライン展示会はコストを抑えることができる上に多くの人と出会うことができるので、これを上手く取り入れる企業が増えています。

ビジネスの未来を形作る新しいプラットフォームとなるオンライン展示会

オンライン展示会は、ビジネスの世界に革命をもたらしています。
これは伝統的な展示会と比較して、より効率的でアクセス可能なプラットフォームとして注目されています。
オンライン展示会は地理的な制約を克服し、参加者にリモートからアクセスできる利点を提供していて参加者は出張や交通の負担を削減でき、さらに伝統的な展示会に比べて、オンライン展示会の開催コストは低く出展者はブースの設置や印刷資料の制作費用を節約できます。
そしてオンラインのコンテンツは、イベント終了後もオンデマンドでアクセスでき情報は長期間にわたって存在して価値を提供します。
ネットワークにおける展示会成功のためのヒントは魅力的なバーチャルブースの展開で出展者は魅力的なバーチャルブースを設定し、自社の製品やサービスをアプローチして引き立てましょう。
オンライン展示会は、ビジネスの未来を形作り、グローバルな展望を提供する空間でこの新しいプラットフォームを活用しながら競争力を高めて更なる成長を達成しましょう。

オンライン展示会の出展企業視点から見るデメリットとは

近年は感染症予防などの観点から特定の地域の枠を超えて、インターネット上で企業と顧客が交流を深めるオンライン展示会も増えています。
直接会場に足を運ばなくても良いため、インターネットを利用している全国各地の方にアピールできるメリットがありますが、オンライン展示会に出展している企業の視点では、どのようなデメリットがあるのか気になる方も多いのではないでしょうか。
まず「直接営業活動ができない」ことです。
オフラインであればブースの近くを通りかかった顧客に対して、声をかけて案内したりパンフレットなどの資料を手渡しで直接配布するなどの営業ができますが、オンライン展示会という特性上こちらから声をかけるのは難しく、基本的には顧客からのアクションを待つしかありません。
そのためより興味を引くようなわかりやすい資料や説明を記載することがポイントとなります。
次に「機能を理解するまで時間がかかる」です。
オンライン展示会では様々なプラットホームで実施され、多種多様な機能を備えたものまでありますが、初めて参加する企業の視点から見ると全ての機能を熟知するまで時間がかかるため、出費がかさんでしまったり、便利な機能を使っていないがために顧客獲得の機会を逃してしまう場合もあります。

オンライン展示会を利用する事で様々な効率の良さを得られる

様々な場所で展示会を開催していますが、実際に現地に赴く場合は様々な時間や費用が発生します。
特に自分が生活している場所から遠く離れている場合、より多くの時間やお金が必要になるケースが多いです。
より効率的な利用方法として、オンライン展示会は多くの魅力があるサービスとなります。
オンライン展示会では現地に出向く手間がかからないので、移動にかかる時間だけでなく費用を削減する事が可能です。
直接出かける必要がないからこそ、自宅にいながら柔軟に利用できるは大きな強みといえます。
移動時間がないからこそ複数の展示会を多く閲覧する事ができ、利用時間も24時間インターネットの環境があればいつでも利用できるケースが多いです。
物理的に展示するわけではないくオンラインだからこそ、環境への負担なども軽減する事に繋がります。
利用者側だけでなく展示する側にとっても、様々な点を抑える事ができるのでより効率よくサービスを提供したり利用できるのが特徴です。

オンライン展示会の情報を集めよう

オンライン展示会 プラットフォーム